株式会社とこ販 常滑焼紹介

常滑焼の歴史

日本六古窯の一つ

平安時代末期(12世紀)には、常滑を中心にして知多半島の丘陵地 のほぼ全域に穴窯が築かれ、山茶碗や山皿、壷などが作られました。この 時代に作られた焼き物は、一般に「古常滑」と呼ばれています。当時、焼 き物を作っていたところは、「日本六古窯(常滑、瀬戸、信楽、丹波、備 前、越前)」と呼ばれていますが、中世常滑窯は、その中でも最も大きい 生産地でした。

海運を利用して

室町時代に入ると、「窯」は、常滑地区に集まってきて、生産品も大型 のものがほとんどを占めました。それらの大型のカメや壷は、船で、東北、 関東、関西、中国、九州にまで運ばれました。窯も地下式の穴窯から、半地上式の大窯に改良され、製品は褐色の自然 釉の真焼け、赤物と呼ばれた素焼きのカメをはじめとする日常雑器が多く なりました。

工芸品の出現

江戸時代にはいると、これまでになかった茶道具などの工芸品が姿を あらわし、ろくろを用いて作った作品が名工と呼ばれる人たちによって焼 かれています。朱泥の急須なども江戸時代の終わり頃に中国の焼き物を手 本として作り出された製品です。窯は、連房式登窯が現れ、土管、火鉢、 盆栽鉢なども加わりました。

近代へ

明治時代になって、倒炎式角窯が使われるようになり、燃料も薪に代 わって石炭が使われるようになりました。釉薬をかけたものが多くなり、 食塩焼き(食塩釉)も出現し、土管、焼酎瓶、建築陶器(煉瓦、タイル) 衛生陶器も作られるようになりました。   以後、技術は急速に進歩し、窯の燃料も重油、ガス、電気の使用が多く なり、トンネル窯、シャットル窯などが主流となりました。現在は、花器、 置き物、園芸鉢、食器など多種多様の製品が生産されています。

| HOME | ショッピング | 業務案内 | 常滑焼急須館 | 会社概要 | 常滑案内 | 常滑焼紹介 | お問い合わせ |